店舗音響設備をご検討中のお客様へ

店舗音響設備の概要について

カフェやレストラン等の飲食店舗では、コンセプトやイメージに合わせて、店舗内のBGMを選定していることが多いと思います。

居心地の良い空間作りに音響設備は、大きな役割を果たします。店舗のスピーカーの配置を含め、店舗音響設備の良し悪しで、店舗のイメージを損なうこともありますので、注意が必要です。

特に音楽に特徴を持たせている店舗等は、音響設備を慎重に検討することが、大切です。

プロ音響ドットコムでは、お客様のコンセプトやイメージに合わせて、室内音響特性を重視した店舗音響設備をご提案しております。

店舗音響設備1 店舗音響設備2 店舗音響設備3

店舗音響設備のご提案ポイント

店舗音響設備は、室内形状や用途・店舗コンセプト等で、要求される設備仕様は多岐にわたります。また、単品の機器ではなく、システムを構築する為、電気音響・建築音響・音響機器仕様の知識や技術が必要となります。

最近では、室内形状も考慮しないままに、音響設備をパターン化して、同じシステムを提案・施工している業者が増えています。

室内音響特性を軽視すると、本来の目的を達成できないばかりか、集客にも影響する可能性があります。

店舗音響設備の導入を検討する際は、後悔しないように電器店や電気工事会社ではなく、業務用音響設備の専門業者へ、ご相談することが大切です。

*プロ音響ドットコムでは、実績・経験が豊富な音響技術者が、ご要望に合わせて、店舗音響設備のご提案を行っています。

室内音響設計

店舗の音環境に合わせた室内音響特性を重視した音響設計が重要です。

音響障害の防止

高音質で快適な音空間を実現するためには、響きの長さ(残響時間)を調整するだけではなく、音質や音色を調整すること、すなわち響きの質を設計することが必要です。

最適残響時間

極端に響きが少ない空間や、響きすぎて原音がわからないような部屋では、良好な音環境ではありません。

音楽のジャンルによって異なりますが、平均的には、室内平均吸音力が25%~35%程度の設定が最適な残響時間を得られる目標値です。


運営会社

プロ音響ドットコムが選ばれている7つの理由

  1. お客様のご要望を丁寧に現場に反映しています。
  2. 提案・設計・施工監理を一貫して行っています。
  3. 室内の響きや、音質を重視した設計・施工を行っています。
  4. プロ市場で蓄積した技術と実績で、お客様の課題を解決します。
  5. 全員が技術者の会社ですので、無理な営業は致しません。
  6. 遮音性能測定・残響時間測定等も、自社の技術者で行います。
  7. お客様のご要望に合わせて、安心価格でご提案致します。

実績・価格・ご提案内容等、ぜひ、比較検討してください。

お問合せ・ご相談をお待ちしております。

お見積もりは、もちろん、無料です。

プロ音響ドットコム(お問合せ)

サブコンテンツ

このページの先頭へ