ライブハウス防音工事・音響設計

ライブハウス防音工事・音響設計

ライブハウスの防音工事・音響工事をご検討中のお客様へ、ライブハウスを設計・施工する際の大切なポイントについて、ご説明致します。

ライブハウス防音 ライブハウス音響 ライブハウス内装

弊社では、ライブハウスの防音設計・防音工事はもちろん、ミュージシャンが演奏し易く、お客様が聴き易い室内音響性能を重視した音響設計及び集客も考えた内装デザインをご提案致します。

運営会社のご紹介

主な実績及び参加プロジェクト

ライブハウスの概要について

ライブハウスの場合は、室内で出す音が隣接する部屋や隣戸へ騒音にならないようにすること、外部からの騒音や設備騒音が演奏に影響しないような対策を行うことが、大切なポイントです。

室内音響性能は、音響障害が生じないような室形状、使用目的に適した最適な響き(残響時間)の設計が必要です。

防音設計の目標値

ライブハウスの防音性能は、D値という遮音性能の等級で評価されます。

ライブハウスで、ハードロックのような大きな音を出した場合は、必要となるD値が2ランクほどずれて大きくなります。

これにより、隣室の使用条件によって必要な防音性能は変わりますが、Dr-65~Dr-75程度が目標値となります。

ライブハウスの防音・防振構造

単一部材の遮音性能は、入射音の周波数と材料の面密度の対数に比例します。(質量則)つまり、材料の重量が増えると遮音性能があがります。

しかし、質量則では、重量を2倍(同一材なら厚みを2倍)にしても6dBしか遮音量は増加しません。

この質量則以上の遮音量を得るには、部材間に空気層をとった二重壁を構成することにより可能となります。また、この部材間の振動伝達を抑えることによりさらに防音性能が向上します。

したがって、ライブハウスの防音のような高度な防音性能が必要な場合は、防振設計が必要不可欠となります。

また、音は空気を伝播してくるもの(空気伝播音)と壁・床・天井などの物体内を伝播するもの(固体伝播音)があります。

固体伝播音は、その物体が振動することで音が伝播するので壁などを厚くするだけでなく防振構造(浮遮音層)が必要となります。

特に色々なテナントが入る複合ビル等で、ライブハウスを計画する際は、床に伝播する振動に対して、防振構造が必要不可欠となります。

苦情の発生しているライブハウスでは防振構造が無い、または十分でないことが非常に多いため注意が必要です。

音響設計について

ライブハウスの音響設計には、建築音響・電気音響の知識はもちろんのこと、設備機器の仕様や施工後の検査確認及び音響測定まで、全ての知識が要求されます。

また、高音質で快適な音空間を実現するためには、響きの長さ(残響時間)を調整するだけではなく、音質や音色を調整すること、すなわち響きの質を設計することが大切です。

この業務を1社で担当することで、的確なご提案が可能となり、お客様に多くのメリットを提供できます。

プロ音響ドットコムには、建築音響・電気音響の両面から、サポートできる技術者がおり、さらには、設備機器の知識も有しておりますので、お気軽にお問合せください。


ライブハウス防音工事・音響工事のことなら、規模に関係なく、お気軽にお問合せください。蓄積した技術と実績で、お客様のご要望に合わせて、ご提案致します。

運営会社

スタジオ防音工事・音響設計の実績

プロ音響ドットコムが選ばれている7つの理由

  1. お客様のご要望を丁寧に現場に反映しています。
  2. 提案・設計・施工監理を一貫して行っています。
  3. 室内の響きや、音質を重視した設計・施工を行っています。
  4. プロ市場で蓄積した技術と実績で、お客様の課題を解決します。
  5. 全員が技術者の会社ですので、無理な営業は致しません。
  6. 遮音性能測定・残響時間測定等も、自社の技術者で行います。
  7. お客様のご要望に合わせて、安心価格でご提案致します。

ライブハウス防音工事・音響設計のことなら、弊社へお任せください。

お見積もり・ご相談無料。全国対応です。

お問合せ・ご相談をお待ちしております。

プロ音響ドットコム(お問合せ)

サブコンテンツ

このページの先頭へ