レコーディングスタジオ防音工事・音響設計

レコーディングスタジオ防音工事・音響設計

レコーディングスタジオ防音工事・音響工事をご検討中のお客様へ、レコーディングスタジオを設計・施工する際の大切なポイントについて、ご説明致します。

レコーディングスタジオ防音工事 レコーディングスタジオ防音工事1 レコーディングスタジオ音響設計

弊社は、海外や国内のレコーディングスタジオで、数多くの設計・工事実績を有しております。

レコーディングスタジオ防音工事・音響工事のことなら、規模に関係なく、お気軽にお問合せください。蓄積した技術と実績で、お客様のご要望に合わせて、ご提案致します。

運営会社のご紹介

主な実績及び参加プロジェクト

レコーディングスタジオの概要について

レコーディングスタジオは、室内で出す音が隣接する部屋や隣戸へ騒音にならないようにすること、隣室や屋外からの騒音が録音に支障ないようなレベルにすることが重要です。

また、外部からの騒音対策や複数のレコーディングスタジオが隣接する場合、各スタジオ同士での防音工事が、必要不可欠となります。

ミュージシャンやエンジニアが、快適に演奏・作業でき、良い作品を製作できるような快適なレコーディングスタジオをご提案致します。

防音設計の目標値

レコーディングスタジオの防音性能は、D値という遮音性能の等級で評価されます。

コントロールルーム間Dr-60~Dr-65、ブース間Dr-30~Dr-40、隣室は使用条件によって必要な防音性能は変わりますが、外部・その他隣室は、Dr-65~Dr-75が目標値となります。

レコーディングスタジオの防音・防振構造

単一部材の遮音性能は、入射音の周波数と材料の面密度の対数に比例します。(質量則)つまり、材料の重量が増えると遮音性能があがります。

しかし、質量則では、重量を2倍(同一材なら厚みを2倍)にしても6dBしか遮音量は増加しません。

この質量則以上の遮音量を得るには、部材間に空気層をとった二重壁を構成することにより可能となります。また、この部材間の振動伝達を抑えることによりさらに防音性能が向上します。

したがって、レコーディングスタジオのような高度な防音性能が必要な場合は、防振設計が必要不可欠となります。

また、音は空気を伝播してくるもの(空気伝播音)と壁・床・天井などの物体内を伝播するもの(固体伝播音)があります。

固体伝播音は、その物体が振動することで音が伝播するので、壁などを厚くするだけでなく防振構造(浮遮音層)が必要となります。

特に色々なテナントが入る複合ビル等で、レコーディングスタジオを計画する際は、床に伝播する振動に対して、防振構造が必要不可欠となります。

苦情の発生しているレコーディングスタジオでは、防振構造が無い、または十分でないことが非常に多いため注意が必要です。

レコーディングスタジオの防振設計・工事

防振材の種類は、防振ゴム、金属スプリング、エアーサスペンションなど様々ですが、レコーディングスタジオの防音工事に使用される防振材は、ほとんど防振ゴムです。

防振ゴムにもいろいろな種類があります。一般には円筒型防振ゴムですが、最近では、リングマウント・ボールダンパーのような質の高い防振材が主流です。

ゴム、ポリウレタン系の防振パッド・シート、フォーム材に組込まれているタイプは簡易防振材で、性能を追及する防音工事には不向きです。特に、静粛性が必要な複合ビルでは、防振性能が重要です。

防振材の選定

  1. 固有振動数Foを10Hz程度に設定
  2. 防振ゴムの設定は、防振したい周波数の1/3の周波数に固有振動数(f0)を設定します。10Hzに設定すると、30Hzぐらいから防振性能が発揮されます。

    ゴム、ポリウレタン系の防振パッド・シート、フォーム材に組込まれているタイプでは、10Hz程度に設定できませんので使用できません。

    特に、ホームセンターなどでも売っているような色々な色が着いた、緩衝材のポリウレタンを防振材として使用することは危険です。

  3. 固有振動数Foでの共振レベルが低いもの
  4. 固有振動数Foでは、振動レベルは増幅されます。このレベルが高い防振材では、映画館などの建築の防振材としては不向きです。

    通常の防振ゴムでは10~15dBですが、15~25dBと非常に大きな防振材もあり注意が必要です。この周波数付近でのレベルが増幅し、外部からの低い周波数の振動に弱く、上部での人の動きの揺れに問題が生じることもあります。

  5. 防振材の減衰特性
  6. 内部摩擦抵抗が少なく、共振点の増幅が大きく、なかなか減衰しない防振材は、バネ自体の縦振動による共鳴現象(サージング現象)を起こすため可聴域の防振効果が悪くなります。

    また、床の振動による共振音がマイクロフォンに入り問題が生じるため使用できません。内部摩擦抵抗が適度である防振ゴムの選定が必要です。


弊社では、国内・海外でレコーディングスタジオの設計・工事実績がありますので、蓄積した技術で、お客様のご要望に合わせて、提案・設計・施工が可能です。

運営会社

スタジオ防音工事・音響設計の実績

プロ音響ドットコムが選ばれている7つの理由

  1. お客様のご要望を丁寧に現場に反映しています。
  2. 提案・設計・施工監理を一貫して行っています。
  3. 室内の響きや、音質を重視した設計・施工を行っています。
  4. プロ市場で蓄積した技術と実績で、お客様の課題を解決します。
  5. 全員が技術者の会社ですので、無理な営業は致しません。
  6. 遮音性能測定・残響時間測定等も、自社の技術者で行います。
  7. お客様のご要望に合わせて、安心価格でご提案致します。

レコーディングスタジオ防音工事・音響設計のことなら、弊社へお任せください。

お見積もり・ご相談無料。全国対応です。

お問合せ・ご相談をお待ちしております。

プロ音響ドットコム(お問合せ)

サブコンテンツ

このページの先頭へ